【総合職】 将来の幹部となっていただくための職種です。 具体的には、営業、製造、設計、保全、総務、経理、法務、養豚、養殖、品質管理、農業生産等の職種があり、入社後6カ月間の研修を経て、本人の希望を考慮しながら配属されます。
南国興産
宮崎県農林・水産
新卒 中途 宮崎県での居住希望
ひなた創生のための奨学金返還支援事業最大150万円
会社名

南国興産

職種

【総合職】 将来の幹部となっていただくための職種です。 具体的には、営業、製造、設計、保全、総務、経理、法務、養豚、養殖、品質管理、農業生産等の職種があり、入社後6カ月間の研修を経て、本人の希望を考慮しながら配属されます。

会社概要

南国興産は、限りある命から生まれてくる畜産水産副産物を、徹底した安全管理の下で「肥料・飼料・油」等の資源として再生する仕事に取り組んでいます。 わたしたち南国興産は、常に身近にある資源の有効利用を考え、地域の農業と社会の発展に貢献できる会社を目指しています。 資源循環型社会の構築を目指す農畜水産分野の企業としてこれからも努力し続けます。

業務内容

営業……原料の仕入、製品の販売等の社内外交渉 製造……飼料、肥料、動植物柚須、食品原料、ペットフード原料などの製造 設計……工場内の設備入れ替え時の場内配置、新規設備開発 保全……機械、車輛、建物等の点検や修理 総務……給与計算、システム管理、資産管理 経理……原価計算、入出金処理 法務……許認可申請 養豚……豚の繁殖、飼育 養殖……鰻、チョウザメの飼育 品質管理…製品、新規検討原料サンプル、製造工程サンプルの分析 農業生産…アスパラ、ニラの生産

給与

新卒初任給 ■院了 212,000円 ■大卒 200,000円 ■高専・短大卒・専門 185,000円 ※試用期間6カ月(期間中の待遇に変更なし。) 試用期間あり 固定残業制度なし

勤務時間

配属先により2パターンあり 何れも所定労働時間8時間、休憩60分 ■日勤者 8:30~17:30 ■交代制シフト (1)8:00~17:00 (2)13:00~22:00 (3)22:00~7:00

福利厚生

■社会保険完備 ■従業員持株会 ■課別懇親会補助(年2回) ■部活動(ゴルフ、釣り、ミニバレー、バトミントン、フットサル等) ■定期健康診断 ■健康診断二次検査費補助(上限1万円) ■インフルエンザ予防接種補助 ■退職金制度(入社3年以上で対象) ■奨学金返還支援制度 ■永年勤続表彰 ■改善提案表彰制度あり! ⇒弊社では改善点を提案していただき、毎月の朝礼で賞金を贈り表彰を行っております。改善の提案内容は役員にも報告され、委員会にて検討を行い、即時実行する提案もございます。また年間の最優秀賞は新年会で金一封を贈り、表彰を行っております。

所在地

南国興産(株) 管理部 総務課 〒885-1311 宮崎県都城市高城町有水1941 TEL/0986-53-1041(代) FAX/0986-53-1850 mail:saiyou@nangokunet.co.jp

対象の奨学金支援制度

組織名等

宮崎県

事業名等

ひなた創生のための奨学金返還支援事業

主な申請要件

・支援企業に正規雇用により就職する予定のある大学等(大学、短期大学、大学院、高等専門学校(第4学年以上で専攻科を含む。)、専修学校専門課程をいう。)の在学生又は既卒者 ・独立行政法人日本学生支援機構奨学金、宮崎県育英資金、宮崎県奨学会奨学金の貸与を受けている(受けていた)者で返還を滞納していない者

金額

最大150万円

就業1年経過時 : 返還総額のうち元本相当額の1/2又は支援限度額のいずれか低い方の額に 0.3 を乗じて得た額 【大学院・6年制大学】上限450,000円 【4年制大学】上限300,000円 【短大・高専・専修学校専門課程】上限150,000円 就業3年経過時: 返還総額のうち元本相当額の1/2又は支援限度額のいずれか低い方の額に 0.3 を乗じて得た額 【大学院・6年制大学】上限450,000円 【4年制大学】上限300,000円 【短大・高専・専修学校専門課程】上限150,000円 5年経過時の三分割: 返還総額のうち元本相当額の1/2又は支援限度額のいずれか低い方の額から、1年経過時及び3年経過時に交付した額の合算額を控除して得た額 【大学院・6年制大学】上限600,000円 【4年制大学】上限400,000円 【短大・高専・専修学校専門課程】上限200,000円 ※「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」の対象となる方のうち、国富町に定住する方には、奨学金返還に要する費用に対し、国富町が独自に補助金を上乗せ支援

支給期間

平成29年度~令和6年度の8年のうちの最大5年間

募集人数

70人

締め切り

【今年例】令和2年2月28日

取消条件

・奨学金の貸与を取り消された場合 ・認定を受けた年度中に大学等を卒業できなかった場合 ・予定していた時期に支援企業に就職しなかった場合 ・支援企業に就職後5年を経過する前に離職した場合 ・奨学金の返還が滞った場合 ・奨学金の返還が免除された場合 ・その他、決定を取り消すことが相当であると知事が認めた場合

制度紹介ホームページ

http://choice-miyazaki.com/scholarship_project/

無料会員登録

無料会員登録