求人一覧 / 新卒のみ対象 / 羽後設備(株)
■施工管理(設備工事) 公共建築物、商業施設、病院、工場マンションといった大型建築物の空調設備、給排水・衛生設備工事の施工管理(施工図の作成、工程の計画・管理、材料の調達、業者の手配、原価の管理等一連の業務) ■営業職 営業活動全般(情報の収集から受注他まで一連の業務) ■システムエンジニア 業務用アプリケーション 要件定義、開発、保守 LINUXサーバーの構築、保守
羽後設備(株)
秋田県設備工事
新卒中途秋田県での居住希望
秋田県内就職者向け奨学金返還助成年返還額の3分の2もしくは全額
会社名

羽後設備(株)

職種

■施工管理(設備工事) 公共建築物、商業施設、病院、工場マンションといった大型建築物の空調設備、給排水・衛生設備工事の施工管理(施工図の作成、工程の計画・管理、材料の調達、業者の手配、原価の管理等一連の業務) ■営業職 営業活動全般(情報の収集から受注他まで一連の業務) ■システムエンジニア 業務用アプリケーション 要件定義、開発、保守 LINUXサーバーの構築、保守

会社概要

総合設備工事を通じてお客様のご要望に応じた企画・提案を行い快適な生活環境をカタチにするお仕事です。公共建築物や商業施設・病院・工場・マンションなど大型建築物の冷暖房空調・換気設備・給排水衛生設備の設計から積算・施工・メンテナンスまでの一貫したサービスを行っております。 秋田県内外に於いて主要施設となる建築物の工事に携わる機会が多く、地図にも残る誇りの持てる仕事です。地域トップクラスの設備工事のプロ集団として、クオリティの高い技術と品質を提供していくのはもちろんのこと、技術者が働きやすい環境づくりにも力をいれております。 近年は、ITコンサルタント事業などの新しい事業にも積極的に進出しております。

業務内容

■施工管理 ・工事現場においての発注者や施工業者と打ち合わせ。 ・ 設計士がおこした設計図をもとに施工図を作成。 ・ 現場で働く業者や作業員の調整。 ・ 予定する工期内に工事が正確かつ安全に進むよう事の進歩管理・品質管理・ 安全管理の計画・監督業務。 ・ 施工する業者と工事価格の取り決め、工事原価の管理。 入社後1~2カ月は社内にて基本的なビジネスマナーやシステム操作(施工管理の場合はCAD)などを学んでもらいます。 その後、OJTで先輩社員と一緒に現場へ入ってもらい実務により工事の進み方を学んでもらいます。 入社後は、「管工事施工管理技士」の資格取得が必須となります(資格取得の支援あり)。 ■営業職 ・営業地域(秋田県内及び一部県外) ・営業対象(一般ユーザー、設計事務所、ゼネコン、サブコン及び官公庁) ・営業形態(ルー営業及び新規開拓営業) ■IT事業 ・システムの構築・納入、システム導入の支援、ソフトウェアの設計開発、 防犯・監視カメラシステムの設計・施工、サイト運営などIT分野に関連する 各種事業を担当します。 システムエンジニアはお客様と直接接して制作を進めることのできるやりがいがある職業です。 入社後半年は社内での基本的ビジネスマナー、社内システム保守の支援、及び社内用プログラム作成、テストに従事していただきます。 その後県内医療機関、及び教育機関でのシステム開発、保守業務に従事していただくこととなります。 入社後はIT系国家資格(基本情報処理技術者以上)、及び各種民間資格(医療情報技師等)の資格取得が必要となります。

給与

■大卒       190,000円(2020年度予定) ■短大・専門学校卒 176,000円(2020年度予定) ■高専卒      178,000円(2020年度予定) 試用期間 <期間>3カ月 <条件>基本給と同額 試用期間あり 固定残業制度なし

勤務時間

8:00~17:00【休憩90分/実働7時間30分】

福利厚生

■社会保険【健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険】 ■企業年金制度【建退共・中退共・確定給付企業年金】 ■作業服、安全保護具、パソコン、携帯電話貸与 ■結婚・出産祝金 ■勤続表彰 ■保養施設【安比高原リゾート】

所在地

〒010-0917 秋田県秋田市泉中央二丁目2番29号 羽後設備(株) 採用担当 TEL : 018-863-0202

対象の奨学金支援制度

組織名等

秋田県

事業名等

秋田県内就職者向け奨学金返還助成

主な申請要件

【一般枠】 ・秋田県内での就職日以降に、次のいずれかの奨学金(独立行政法人日本学生支援機構第1種奨学金、独立行政法人日本学生支援機構第2種奨学金、公益財団法人秋田県育英会大学月額奨学金、公益財団法人秋田県育英会高等学校等奨学金、公益財団法人秋田県育英会多子世帯向け奨学金、公益財団法人秋田県育英会専修学校月額奨学金)を返還予定または返還中であること。 ・対象となる奨学金の貸与を受けた期間が、通算して2年以上であること ・平成30年度以降に大学・高校等を卒業した方か、平成29年度以前に大学・高校等を卒業した方 【未来創生分】 ・県が指定する「特定5業種(①航空機、②自動車、③医療福祉機器、③情報、⑤新エネルギー)」について認定を受けた企業等(※)に就職する

金額

年返還額の3分の2もしくは全額

【一般枠】 年返還額の3分の2(上限13万3千円) 【未来創生分】 年返還額の全額(上限20万円)

支給期間

①奨学金貸与期間が通算3年を超える場合 :助成対象者認定要件を満たす3年間(36か月分) ②同2年以上3年以下の場合 :助成対象者認定要件を満たす2年間(24か月分)

募集人数

要確認

締め切り

【昨年度例】申請年4月1日から翌年2月20日まで

返還条件

データ無し

取消条件

・国家公務員・地方公務員として雇用されている方 ・独立行政法人、国立大学法人、公立大学法人、地方独立行政法人等に雇用されている方 ・奨学金の貸与等に関する事実、定住の事実、就労の事実または所得等を証明する書類を提出できない方

無料会員登録